急性期病院を退職した看護師は転職して2000%満足している

看護師の免許を取得して職場で働いていても不満がない人はいないはず。
少しでも看護師転職を考えた人はたくさんいるのではないでしょうか。
そこで看護師転職で思うことをピックアップしてみました。

・仕事を辞める決断時っていつなの?
・次の職場を探すにはどこで探したらいいの?
・転職のメリットデメリットって?

看護師が退職した理由や転職したその後などをこのサイトで見ながら看護師転職の第一歩を踏み出して見て下さい。

女性26歳
総合病院1年

夫がいて、基本的な看護技術ができます。

退職した病院

急性期病院を退職しました。

退職した理由

給料・人間関係・キャリアアップシステムがないことに不満を感じ退職しました。

引き止めにあう

退職する旨を伝えたときは、職場から引き止められました。

上司の反応

プリセプターは我関せずでしたが、師長は私が思い改めるのを待ち望んでいたようです。
部長は最初は「ちょっと待って欲しい」と言ってましたが、私の思いが強いとわかると目も合わさないようになり、他人事というような無機質な態度に変貌しました。

転職した病院

転職先の病院は前の病院とは真逆のところで、給料高く人間関係も良好でキャリアアップ制度ある病院です。

転職最高

2000%転職して良かったです。

離職率で一目瞭然

もし今の職場が嫌ならすぐに師長にそのことを伝えましょう。
ある看護師は19年目にようやく高いお給料がもらえる病院に転職したのですが、辞めたいと思うなら一日も早い方がより良い看護師人生が送れるはずです。
私は決意して1年で辞め、転職して世界が変わって見え、初めて病院に貢献したいと思いました。
そして離職率の高い病院にマシなところはないということを覚えておいてください。
離職率の高さが現れるのが転職サイトの登録人数です。
前の病院の転職サイトの登録人数は3本指に入るほど多かったので、今はどこの転職サイトでも勧められた病院に転職しています。