1. HOME
  2. 看護師の転職の難しさ
  3. 看護師のキャリアがあって転職しても新しい環境に慣れるのは容易ではない

看護師のキャリアがあって転職しても新しい環境に慣れるのは容易ではない

女性35歳
病棟5年

辛かった働き先

大岩病院で働いていました。

心身共に疲れ果て

心身共に辛く退職しました。

相談したのは

両親はもちろんのこと、友人、知人、職場の先輩、後輩、また、学生時代の友人にもほかの職場の情報を知るために相談しました。

転職選び

転職先は、とにかく待遇の良いところを探しました。
前の職場は労働時間が長く、人も少ないので心身共に疲れてしまったので、労働条件がしっかりしているところで組合があるところを優先的に選びました。

多くの情報を得て

ハローワークや検索サイト、知人友人からの情報とあらゆる手段を利用して探しました。

条件とは違う

再就職して求人条件に残業なしとなっていましたが、実際は毎日1~2時間の残業がありました。
これは賃金がきちんと支払われていましたので仕方がないかと思いました。

お金がやる気を出させる

給与面と休日等の規定を重視して転職しましたが、やはり給料が上がると仕事が多少つらくても我慢できるものです。とてもよかったと思っています。

キャリアがあっても

人間関係、施設のノウハウ、環境、仕事内容などなど、すべて最初から覚えなくてはならないのは大変でした。
5年の経験がありましたので、ゼロからのスタートではなく、感覚的にわかることもたくさんありましたが、結局は以前とは違う病院、違う仕事内容なので人間関係も職場の方々、患者さんとも最初から始めなければなりませんし、覚えることもたくさんあるので自分は経験も何もない初心者なのだと言い聞かせて一からスタートしました。

リスクがあっても

転職するのは容易なことでなく、せっかく培ったノウハウをすべて捨てて、一からすべてを始めなければならないこともあるので、リスクは大きいかもしれませんが、自分を押し殺して息をひそめて勤めなけれならないような状況であれば思い切って転職したほうがいいかもしれません。
本気で取り組めば、自分の思うように人生は動き出すと思います。